リアサス詳細


他の方がGSFにGSX-R750(K8)のリアサスを流用しているのを発見したのですが、
ショック長が長く(315mm)、10mm程度ショート加工をしないと装着不可らしい…

つことで、何とか安価かつ無加工で取付け出来そうなCBR600RR(PC37MC前)用を選択。
もちろん、現物があるわけではないのでオクでの出品情報だけが頼りw


この手の車両、オラからすれば最新モデルのイメージでしたが、すでに13年前なんですねw
左側がPC37(MC後)、右はPC40みたいですが、この辺の車両には縁が無いので…(。-_-。)

DSCN2664.jpg
GSFサスとの比較。少しだけ長い&ぶっといw
スプリングが黄色なのでMC前でしょうね

CBR600RR(PC37)サス
GSFが300mm程度なので7mm程長くなります。
ちなみにPC40用なら296mmなのですが、受けの形状が違うのでポン付け不可

以下に取り付け時の注意点。
もちろん自己責任で…(・Д・)ヨロ

DSCN2670.jpg
ショック上部には多少隙間が出来るのでワッシャーなどを挟むのが吉。
強めに締めあげましたけど何か??

DSCN2675.jpg
リンクプレートとはギリなクリアランス。ここもワッシャー挟んで隙間確保した方が良いでしょう。

DSCN2684.jpg
一応、干渉はしてません。

DSCN2708.jpg
エアクリBOXとも干渉無し。

DSCN2719.jpg
サイドカウルからのチラ見せも完璧♪
ホント、ココだけは専用品のようだなw

DSCN2690.jpg
レーシングライクな見た目を手に入れることが出来ましたが、フェンダーのバッテリー搭載部分だけは要加工。
ちなみにまだ走行してないので他にも問題があるかもね。。。
スポンサーサイト
[ 2016/10/27 14:03 ] 稼動中車両 SUZUKI GSF1200 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する