ヘッドライト研磨


何で買ってたんだろ? ピカールでもイイらしいヨ
前から気にはなってたので着手w
っても、ライト表面をとにかく手でシコシコ磨くだけです

松居棒的な
表面がキレイになると内側の汚れが気になる・・・

にしても、すごく拭きにくい形状です
ガラスクリーナーを布につけて拭きふき

あまり近づけると変形の原因になるので注意!
しっかり乾燥させないと、また曇ります。。。

研磨前 研磨後
かなりテキトーに作業しましたがコレくらいでOKにしました♪ こだわるとキリがなさそうなのでw





危険な表面研磨の落とし穴
ヘッドライトレンズの表面が曇ってきて気になり、色々と情報を探して
プラスチックコンパウンド などで対処した人も少なくないと思いますが、
かなり危険な落とし穴が有ります。

磨いてキレイにするところまではOKです。事実上劣化して黄ばんだコート層を
除去しなければ透明感は回復しませんから・・・ところがそのコート層は何のためにあるの?
と言う部分を突き詰めると樹脂部分の劣化対策です。

コンパウンドで除去すると一時的にかなりキレイには回復することが多いですが、
そのままにしておくと以前より劣化スピードが早くなってしまいます。
再度磨くとまた白くなったり、黄ばんだりするペースがだんだん早くなり、
最終的には交換以外手段が無くなってしまいます。


と、言うことなので自己責任ネ!www
スポンサーサイト
[ 2010/03/10 17:20 ] 稼動中車両 SUZUKI CARRY | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://riorio759.blog137.fc2.com/tb.php/766-9f8ea443